スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAXPEDITION(マックスペディション) Monsoon Gearslinger 0410

MAXPEDITION(マックスペディション)
●マックスペディションは、ミリタリー仕様の”HARD-USE GEAR”を作る。1988年アメリカで設立されたメーカー。常にハイクオリティで人間工学をもとに設計されたデザインを持つ人気のメーカーです。北米・ヨーロッパ向けに”MAXPEDITION”ブランド、アジア向けに”MAGFORCE”ブランドで展開している。

Monsoon Gearslinger (並行輸入)0410
強調文FLATELL販売価格15,750円(15000+税750)

通販の対応も可能です。
FC2ショッピングモール(輸入品を中心に出品中)
●メール(こちらのメールフォームからどうぞ)
又は お電話&FAX(052-768-7127)にてお気軽にお問い合わせください。

Maxpedition(マックスペディション) ワンショルダーGearSlinger シリーズ
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (1)
写真の色はBLACK。生地は1000デニールナイロンにテフロン加工。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (2)
サイズ:約H45.72×幅 上15.24~下(底部幅)40.64cm 容量 約26L以上 重量 約1270.1g
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (3)

外観のサイズはおよそ写真のとおりです。
0410SIZE.jpg
当店実測値です。

このBAGの特徴は 背中に背負った状態から
0410HP (1)
0410HP (2)
0410HP (3)
0410HP (4)
0410HP (5)
背負ったまますばやく前にザックを回して荷物を取り出せます。(写真はメーカーHPから)

Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (4)
正面には
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (5)
MAXPEDTITION(マックスペディション)のアタッチメントストラップシステム用ループが3段配置された正面パネル
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (6)
大きめのワンタッチバックルを外して手前に開放します。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (7)
バックルは、脱着音の静かなDURAFLEX®
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (8)
キーリングの付いたオーガナイザーが登場します。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (9)
ザック上部は水や砂などが入りにくく、横向きに荷室を開けても中身がこぼれにくそうな工夫がしてあります。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (10)
開口部が大きく使いやすい荷室。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (11)
容量もたっぷりです。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (12)
主荷室背面には、スリーブポケット(約 W27.94×H27.94cm)と
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (13)
その上にメッシュジッパーポケット(約 W21.6×H20.3cm)
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (14)
さらにオーディオプレーヤー等を入れられるポケット(約 W12.7×H15.2×D7.6cm)を装備。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (15)
ヘッドフォンポートへと続きます。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (16)
サイドには大きめのドリンクポケット(写真は1Lのペットボトルを入れた状態)
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (17)
逆サイドにはMAXPEDTITION(マックスペディション)のアタッチメントストラップシステム用ループが3段と
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (18)
スリーブポケット
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (19)
しっかりとした持ち手が付き
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (20)
ショルダーパッドは幅約7.6~11.4cmと太く、長さは約56cmあります。
バッグを背負う状態を変えても、しっかりと重さを分散させてくれそうです。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (21)
パッドが入ったウェストサポートは大きめ
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (22)
外側にジッパーポケット 約 W12.7×H12.7cm
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (23)
内側にスリーブポケット 約 W15.2×H12.7cmを装備
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (24)
背面パネルは、メッシュパッドが3分割に配置され
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (25)
空気の通り道を確保しています。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (27)
背面パネルのすぐ内側も荷室(ポケット)になっていて
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (28)
本来は拳銃等を入れるそうですが、PCなど割と大きなサイズの物を入れれそうです。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (29)
また、上部にハイドレーションパックを下げれるループが付いていて
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (30)
ショルダーパッドや
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (26)
背面パネル横に付いたベルクロループにホースを通して
0410HP (6)
こんな感じでハイドレーションキットを装備することも可能です。
(写真はメーカーHPから)
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (32)
サイドのメッシュポケットに収納できる
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (33)
ウェストベルトを使えば
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (34)
3点留めでしっかりとザックをフィットできます。
Maxpedition Monsoon Gearslinger 0410 (35)
バッグの底部。滑り止め加工がされています。
また、コンプレッションベルトは下からクロスしながらサイドへと続いています。



機能も充実、容量もたっぷり、価格も”割安感”いっぱいの商品です。


※海外ドラマ「24 シーズン7」でキーファー・サザーランド扮する捜査官ジャック・バウアーがこのBagを使用しているらしいという情報があります。
海外サイトではもちろん”Maxpedition(マックスペディション)”ですが、日本のサイトでは一部”MAGFORCE(マグフォース)”のこの型を使用と出ていました。
実際ドラマ見ていないので・・・でもアメリカだから”Maxpedition(マックスペディション)”のような気がします。
ご存知の方いらっしゃいましたらお教えくださいませ。


【2012.5.5 追記】
 【動画】 MAXPEDITION(マックスペディション) Monsoon Gearslinger 0410

【2012.5.8 追記】
 よく出来てますな、MAXPEDITION(マックスペディション) Monsoon Gearslinger 0410


小さなSHOPを助けると思って
是非 ご協力お願い申し上げます。
にほんブログ村 その他日記ブログ 脱サラ日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Yahoo!ブックマークに登録   このエントリーをはてなブックマークに追加
                                                                                              人気のメンズ・レディースブランドバッグ(リュック・メッセンジャー・ショルダー・ボディーバッグ・ショルダーバッグ・ウェストバッグ・トートバッグ・その他)はFLATELL(フラッテル)で!通販対応もいたします!お気軽にご相談下さい。Maxpedition(マックスペディション)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。